分散資産管理

ビデオを見る
プレセール終了は

00

00

00

00

暗号金融会社であるZichainは、Alexander Borodichの諮問委員会への任命を発表することを喜ばしく思います。
現在では、資産保管の問題はますます複雑化しています。
暗号金融会社であるZichainはAlexander Borodichの諮問委員会への任命を発表することを喜ばしく思います。Alexander Borodichは、革新とブロックチェーンの分野の草分けであり、世界中で70以上のプロジェクトを展開するベンチャー投資家であり、デジタルメディアのストラテジストです。
伝統的な金融界は古くから成立されていて、政府によって厳格に管理されていて、その機能は銀行、ブローカー、株式市場、監査人、投資家など数多くのプレーヤーに分かれています。
金融会社であるDouble Capital Groupは、Blockchain&Bitcoin Conference Moscowで暗号金融専門家になっています。
現在、CryptoEYE.pro プロジェクトは開発の第一段階にあります。仮想通貨インデックスが現実化され、投資家向けの知識データベースとセキュリティデバイスが準備されました。将来は、ビッグデータを基盤とするニュースアグリゲータ、インデックスファンドを購入する機会、取引戦略開発、貿易仮設テストサービスなどもプラットフォームに加える予定です。
Zichainは、伝統的な金融の世界での豊富な経験と最先端の技術を組み合わせています。同社では、簡単で安全な四つの製品を開発しています。これにより、誰もが暗号通貨に投資し、投資のパフォーマンスを追跡し、最新の暗号市場データを受け取ることができます。
Zichainの諮問委員会は、戦略的指導と貴重な技術的助言を会社の経営陣に提供するために作成されました。また、Zichainは新しい成長機会にアクセスするのをサポートします。Alexander Borodichは、今月初めに諮問委員会に参加したJun HaoとBogdan Fiedurと協力して作業する予定です。
Zichainはスイスに本拠を置くブロックチェーンファイナンス会社で、2017年12月に世界で初めて暗号通貨指数分析サービスを開始した暗号通貨指数業界のパイオニアです。伝統的な金融業界における豊富な経験と最先端技術を組み合わせます。
Zichainは、現在、4つの主要製品の開発に注力しています。独自の白いラベルファンドを立ち上げることを望む資産管理者向けのユニークで便利なプラットフォームです。一種の暗号インデックスに基づいた暗号化インデックスファンドの範囲です。業界のニュースと市場データの収集と分析のための新しいインフラストラクチャー、 暗号化交換プラットフォームを提供します。
ZichainのCEOであるKhachatur Gukasyanは、次のように述べています。「私はAlexanderを私たちの理事会に迎え入れることを光栄に思っています。ブロックチェーンテクノロジーの世界で伝説の人物であることから、彼は貴重な知識とユニークな経験をもたらします。 暗号金融のリーダーになるという願望です。
Alexander Borodichは、次のようにコメントしています。「私はZichainに参加することができたことを嬉しく思っています。私は彼らの野心を信じており、このようなダイナミックなチームと協力して、ブロックチェーンファイナンスの世界を先導するというビジョンをサポートすることを楽しみにしています。

Zichainはブロックチエーン上での一流資産運用プ
ラットフォームです。投資家とファンドマネー
ジャーをつながり、ワンストップショップ投資サー
ビスを提供します。

エコシステム

zitoken
ZiChange.io
ライセンスを所得した暗号通貨・現金ブローカー
CryptoEYE.com
情報分析サービスを提供するプラットフォーム
自動化された
仮想通貨
インデックスファンド
TheIndex.Fund
BAMP
ブロックチエーン上での資産運用プラットフォーム
ZiChange.io
CryptoEYE.com
TheIndex.Fund
BAMP

zitoken

商品

Cryptoeye.com

Cryptoeye.com

  • 唯一のウィンドウを通じてクリプト世界を探索する
  • 仮想通貨またはブロックチェーンプロジェクトの基本を理解する
  • 包括的かつ明確な市場データを取得する
  • ポートフォリオとの関係があるニュースと分析を受ける
  • 独自の投資戦略の開発とトレーディングアイディアのバクテスト

現在のステータス:ベータ版

ウェブサイトはこちら

TheIndex.Fund

TheIndex.Fund

  • 一つのトークンを購入すると、多様化され、調整できる仮想通貨のポートフォリオを受けることができます。
  • それぞれのクリプトインデックスと対応する五つのファンド
  • 透明な投資アプローチと低手数料
  • セキュリティの高い要件

現在ステータス:インデックスが開発済み。ファンドはすぐ開始。

bamp

BAMP

  • 自分で合法的なクリプトファンドを瞬時に作成する
  • 投資家の誘致、仮想通貨ポートフォリオの管理
  • 産業用資産証券を利用する
  • 単一のターミナルを通じて、主要な仮想通貨取引所での取引

現在のステータス:実用最小限の製品(MVP).

ZiChange

ZiChange.io

  • 仮想通貨を、USDまたはEURで一瞬で売買する
  • 低い手数料で最良のレートを利用する
  • 無理なく仮想通貨を大量に取引く
  • さまざまな支払い方法のなかからいずれかを選択してください

現在のステータス:ライセンス取得済み。すぐに開始。

ウェブサイトはこちら

Zichain

暗号金融の世界へのゲートウェイを利用することができます

$71B

市場と機会

仮想通貨は資産の新たな種類です

現金

総資産

$320T

15%
代替
戦略
18%
パッシブ
戦略
67%
アクティブ
戦略

$69T

管理下の資産

仮想通貨業界

総資産

$328B

$71B
潜在市場規模

管理下の資産

リアルタイムデータは CryptoEYE.com, Zichain会社によって提供されます。

目標

BAMP

管理下の資産

goal1

CryptoEYE.com

一ヶ月目のアクセス数

goal1

TheIndex.Fund

管理下の資産

goal1

ZiChange

ターンオーバー

goal1

ロードマップ

Q3
2017
Q4
2017
Q1
2018
Q2
2018
Q3
2018
Q4
2018
Q1
2019
Q2
2019
Q3
2019
Q4
2019
Q1
2020

BAMP

仮想通貨ファンドためのインフラストラクチャの概念。IT開発の開始。

TheIndex.Fund

仮想通貨インデックスとインデックスファンド開始に対応する方法論の開発

CryptoEYE

ニュースアグリゲーター、及び仮想通貨業界で効率的な資産運用を可能にする機能を含む情報プロバイダーの概念

CryptoEYE

アルファバージョンのリリース。仮想通貨の5つの指数、100のコインとトークンの説明があるクリプトウィキ、仮想通貨計算電卓。

BAMP

ファンド概念を外部資産マネージャー向けの本格的なブロックチェーン資産運用プラットフォーム(BAMP)への変換。

CryptoEYE

ベータ版のリリース。ニュース収集モジュールのリリース

ZiChange

欧州連合で設定された会社。仮想通貨・現金両替のライセンスの取得。

BAMP

MVPのリリース.

TGE

トークンジェネレーションイベント。プライベートプレセール

CryptoEYE

CryptoEYEへのニュースアグリゲーターの統合。CryptoEYE 2.0のリリース。

TheIndex.Fund

投資家の方向けの最初二つのトークン化されたインデックスファンドの開催

TGE

トークンジェネレーションイベント。パブリックセール

BAMP

単一のターミナルを通じて、全ての主要な取引所と対応するトレーディングプラットフォームのリリース。

TheIndex.Fund

インデックスファンドのフルレンジの開始

ZiChange

現金・仮想通貨両替サービスの開始。BTC/ETH/LTC 対 USD/EUR

BAMP

BAMP 1.0 (ベータ版)のリリース

CryptoEYE

ZiChange サービスとTheIndex.Fundの投資商品の統合。iOSとAndroidモバイルアプリのリリース。

ZiChange

通貨ペーアの数の増加。機関投資家と法人顧客との取引の開始。

CryptoEYE

ニュースや他の仮想通貨関連のコンテンツを発表する多言語編集チームの創設。ローカライズされたウェブサイトのインターフェイスとニュース記事(2言語)。

TheIndex.Fund

インデックスファンドの証券化の開始と一般的な取引所への上場。様々な国(米国、シンガポールなど)の投資家向けの資金への法的なアクセスを設定する。

BAMP

法的枠組みづくり

CryptoEYE

他の2つの言語に完全ローカライズ。BAMPのための投資商品マーケットプレイスの開始。

BAMP

BAMP2.0 リリース。分散アクセスによる分散型資産保管サービス。

CryptoEYE

投資家のポートフォリオに基づいて個別のニュースフィードを提供する高度なニュースおよび市場データフィルタリングの開発。他の2つの言語に完全ローカライズ。

CryptoEYE

トレーディング戦略の作成とバクテストのための分析プラットフォームの開発。2つの言語の追加。

CryptoEYE

他の2つの言語に完全ローカライズ。(全て10言語).

チーム

プロジェクトリーダー

Khachaturは、資産運用とプライベートバンキングにおいて10年以上の経験を持つ、 投資管理専門家です。 彼はキャリアの過程で、スイス、ロシア、シンガポール、ルクセンブルグ、キプロス、リヒテンシュタインの主要銀行とヘッジファンドと協力してきました。 Khachaturは、ロシアで最初の独立系投資グループであるATONのパートナーおよびマネージングディレクターでした。 彼は、2014年の設立から、2.5億米ドルと相当する管理下総額のあるスイスの有力な独立系資産管理会社の1拠点に、ATONのスイス事業であるATON WM Suisseの開発責任者でした。 Khachaturは、証券会社、資産再編、財務アドバイザリーの豊富な専門知識を持ち、代替投資に関する頻繁な講演もおこなっています。 彼は有能な資産管理者であり、金融市場の専門家であり、政治学の学位を持っています。

KHACHATUR GUKASYAN

共同創設者兼CEO

Sergeは米国、オーストリア、ロシアで技術、エネルギー、建設業界、などの分野 で15年以上の国際経験の豊富なプロジェクトマネージャーおよび事業再編の専門家です。 Sergeの専門は、ビジネスプロセスマネジメント、調達コンサルティング、コスト最適化、およびビジネス管理です。 米国のNOVA 東南大学で財務にMBAを取得しました。

SERGE GELLER

共同創設者兼COO

Stepanは、画期的な技術を駆使したソフトウェアシステム開発で15年以上の経験を持つ 賞を受賞したソフトウェアエンジニアです。 彼はサービス指向アーキテクチャーとテクノロジーを用いて複雑で革新的なプロジェクトを実装する実績のある技術者です。 長年にわたり、ステパンは国際的に多数のITチームとプロジェクトを率いておりました。 彼の専門知識は、エンタープライズソフトウェア設計、サービス指向アーキテクチャとテクノロジー、ソフトウェア定義インフラ、ビッグデータ、認知コンピューティ ング、人工知能です。 Stepanは12の科学刊行物の著者であり、コンピュータサイエンス の博士号を取得しています。

STEPAN TSATURYAN

博士号、CTO

Andreyは、メディア、テレコム、フィンテック部門で20年以上の経験を持つ財務および投資の専門家です。 Zichainプロジェクトの前に、数年間、モバイルアプリに特化した多くのスタートアップやフィンテック企業の開発に成功しました。 また、ロシア第2位の携帯電話小売会社であるSvyaznoyの最高財務責任者(CFO)として6年間勤務し、財務計画、予算管理、製品価格設定業務を監督しました。 その前は、ロシア最大のメディア企業の1つであるMedia Mostで財務戦略を担当していました。Andreyは1996年PricewaterhouseCoopersでキャリアを開始しました。 ノースウェスタン大学のケロッグ経営大学院でMBAを取得しました。

ANDREY GUNIN

共同創設者兼CFO

Viacheslavはマーケティングプロジェクトの開発と実行に15年以上の経験を持っています。 専門は、プロジェクト管理とリストラ及び、危機管理です。多くの教育プログラムと非営利セクターイニシアチブの創設とにおいて豊富な経験を持っています。

VIACHESLAV TIMERBULATOV

共同創設者兼事業開発責任者

Sergey Kovtunenkoは、資産管理とプライベートバンキングを13年経験している金融市場の専門家です。Sergeyは一流の金融会社で富裕層や超富裕層の顧客を相手に仕事をしていました。直近の4年間はUBSに勤務し、その前はTroika Dialog、Sberbank Private Bankingなどの企業に勤務していました。TACおよびNTAC(従来型//代替資産クラス)の両方をベースとした戦略的資産配分の専門知識があります。これには、グローバルエクイティ、債券、ヘッジファンド、プライベートマーケット、FX/コモディティ/株式ベースの構造化ソリューションが含まれます。その前は通信業界の市場をリードするメーカーであるHuawei TechnoligiesやAlcatelでアクセスネットワーク部門の製品マネージャーを5年間努めていました。Sergeyはノボシビルスク国立工科大学で情報システムに特化したエコノミストの学位を取得しています。

Sergey Kovtunenko

専務取締役

Ekaterinaはマーケティング、PR、イベントの専門家です。彼女は、マーケティング戦略、コミュニケーション、イベント管理の開発に巨大な経験を持っています。Zichainより前、EkaterinaはSberbank CIB(旧Troika Dialog)やATONのような会社で働いていました。彼女は資格のある金融市場の専門家です。Ekaterinaはビジネス大学法学部を卒業し、優秀な人材を輩出しました。彼女は国際ビジネスと経済安全の学位を取得しています。

Ekaterina Matveeva

マーケティング部長

Tarasは、オルターナティブ投資と資産管理の分野における金融市場の専門家です。彼は、ヘッジファンドとミューチュアルファンドのストラクチャリングの広範な経験を持ち、ロシアで最も古い独立系投資グループであるATONで、高純資産の個人向けの先駆的なヘッジファンドプラットフォームの開発において重要な役割を果たしました。Tarasは、New Economic Schoolと経済高等学校Higher School of Economicsで経済学の学位を取得しています。

Taras Chumachenko

パートナー、製品部長

Sergeyは、IT業界におけるプロジェクト管理および事業開発の分野で10年以上働いています 。 30以上の複雑かつ大規模なプロジェクトに成功し、市場の位置付けと拡大、業界の新しい挑戦の克服、革新的な技術の実施に経験があります。

SERGEY SHVEY

商品の所有者

Alexander は、SUN MicrosystemsやOracleなどの大手国際企業で10年以上の経験を持つ、 経験豊富なプロジェクトマネージャーであり、リードソフトウェア開発者です。 専門は、データ分析システム、機械学習アルゴリズム、ビッグデータ、及び自然言語処理です。

ALEXANDER ANDRIANOV

ソフトウェア開発者

Davidは、さまざまな業界における複雑なITプロジェクトの開発と調整の15年以上の経験を持っています。 いくつかの国際機関のために、 ITターンキーソリューションの成功提供の実績を持っています。 Davidの専門は、設計、開発、メンテナンス、サポートを含む、ソフトウェアプロジェクトの完全ライフサイクルです。

DAVID KHUDAVERDYAN

商品の所有者

Danilは、独自の高頻度取引基金の定量的な調査経験を持つ金融市場の専門家です。彼は、モスクワ証券取引所での取引アルゴリズムの開発と展開の成功記録を持ち、インフラストラクチャーレベルの市場操作について深い理解を持っています。 専門知識の主要分野は、市場の微細構造、実行アルゴリズム、カスタマイズされた統計戦略、アルゴリズム設計です。Danilは高等経済学校と新経済学校で経済学の学位を取得しています。

Danil Yakovlev

取引インフラストラクチャマネージャ

高性能でスケーラブルなソフトウェアソリューションの実装とサポートに対する13年以上の実務経験を持ち、コンピュータサイエンスの博士号を取得しています。n層アプリケーションのアーキテクチャー、開発と保守で実証された履歴です。ソフトウェア開発プロセスの専門家および指導者、アジャイルコーチ、ブロックチェイン技術を愛好しています。

Arthur Hakobyan

PhD、ソフトウェアアーキテクト

ソフトウェア設計と開発で15年以上の経験を持つソフトウェアアーキテクトです。完全なバックエンド・フロントエンドソリューション、データ分析、データベースおよびAPI設計における強力な専門知識を取得しています。サービス指向アーキテクチャーおよび大量のインターネットトラフィック処理アプリケーションをスケーリングする専門家でもあります。

Armen Ivanyan

ソフトウェアアーキテクト

強力なソフトウェアエンジニアリングプロフェッショナルで、アルメニア科学アカデミーから情報技術に専念した修士号を取得しています。 情報技術とソフトウェアサービス業界で働く実績があります。 オブジェクト指向プログラミング、Microsoft.Netフレームワーク、Web APIの設計と実装に精通しています。

Khoren Shahbazyan

ソフトウェア開発者

ソフトウェアエンジニアであり、財務面での実績があります。数年後にソフトウェアエンジニアリングの知識とスキルを変革し、Microsoft.NetCoreの技術エンジニアと熱狂者になった後、ストラクチャード金融ソフトウェアソリューションの財務アナリストとしてのキャリアを開始しました。 

Aspram Shadyan

ソフトウェア開発者

Karenは、11年以上に渡りエンタープライズアプリケーションソリューション、及び複雑な技術プロジェクトに携わっているシニアソフトウェアエンジニアです。 オープンソース・スペースでのフルスタック開発を重視したWeb開発に精通しています。 Karenは、問題解決の際に、一般的な方法に頼らず、特定の角度から各問題に取り組みます。 それぞれの問題を新鮮な視点で捉え、アプリのパフォーマンスと数十人の新たなユーザーのスケーラビリティを向上させて、全体的な技術戦略に貢献しています。

Karen Balabekyan

シニアソフトウェア開発者

テクノロジーに関連するすべてのものを好むソフトウェアエンジニアです。現在、最先端のテクノロジーとツールを活用して、ベストプラクティスと堅牢なアーキテクチャーパターンの実装により、ソフトウェア製品とサービスに取り組んでいます。

Tigran Avetisyan

ソフトウェア開発者

Haykは、応用数学の修士号を持つソフトウェア、及びモバイルアプリ開発者です。 また、彼は自分自身を向上させようと常に最新技術を学んでいます。 Haykは、自分の経験を活かし、バッグの可能性を最小限に抑え、複数のデバイスで同じユーザーエクスペリエンスを最大化するためのWebフロントエンド、及びモバイルアプリケーションの再利用可能なコードを作成します。

Hayk Manukyan

ソフトウェア開発者

Viktoryaは、積極的で熱心な品質保証エンジニアです。担当するプロジェクトの各レベルでの品質を保証するために、品質テストの戦略を構築、準備、及び維持します。 また、テストフレームワークを設計し、関連するテストスクリプトを開発します。バックエンド、フロントエンド、デザイン、及びプロダクションチームと協力しています。 分析と報告の分野で13以上の経験を持っています。

Viktorya Karamyan

品質保証のエンジニア

Anahitは、アジャイルな環境で質の高いソフトウェアを開発し、問題を解決することに情熱を注いでいる品質保証エンジニアです。 ソフトウェアテストの経験もあります。Anahitは、テスト戦略の準備、テストの実行、バグトラッキングなどを含む、ソフトウェア開発/テストのライフサイクルに精通しています。 テスト計画とテストケースを作成するには、ビジネス要件分析とソフトウェア仕様から始めます。

Anahit Ghazaryan

品質保証のエンジニア

Advisors

Alexanderは、イノベーションとブロックチエーン業界のパイオニアで、Universaブロックチエーンとロシア第1目のクラウドインベストメントプラットフォームと投資家クラブであるVentureClubの創設者、70以上の投資プロジェクトの業績があるエンジェル投資家です。 投資する分野:モノのインターネット、クラウドコンピューティング、スマートシティ、及び発想の階段でのSaaSです。 Alexander Borodichは、ロシアのベンチャー企業によって「ロシアで最も活発なビジネスエンジェル」に選ばれました。 マーケティング通信エージエンシであるFuture Action会社の最高ビジオナリ責任者であり、ロシアインターネットの大手会社であるMail.ru Groupの前マーケティング部長です。
Alexanderは、よく業界をめぐる会議でスピーカーとして参加しています。 ロシア国立研究大学高等経済学院でメンターと講師を務めています。モスクワ国立大学の経済学校で15年以上新しい経済を教え、2010〜2013年に学校長として務めました。
Alexander Borodichは、2007年にストックホルム商科大学(スウェーデン)からのMBAを持っています。 モスクワ電子・経済大学を卒業後、ロシア国立研究大学高等経済学院でマーケティングの修士を取得しました。

Alexander Borodich

アドバイザー

15以上のICOのコンサルタントを務めました。Strykz, Kinguin, BTU protocol, Lendo, AgentNotNeeded, Axens'sなどのTelegram(テレグラム)チャットの参加者の人数を2万〜3、5万人まで増加しました。 複数のICOのコミュニティの総人数は200,000人以上です。すべてのプロジェクトの調達総額は1億米ドル以上です。
さまざまなプラットフォームに2万5千人のフォロワーが存在しています。暗号通貨と基盤技術であるブロックチエーンについて強い関心を抱いています。 また、暗号通貨市場をよく理解しています。テレグラムで18000人のフォロワーを集めました(https://t.me/CryptoAnalysisTM)。アジア市場への影響者です。

Jun Hao Ong

ブロックチェーン・エバンジェリスト

Bogdan Fiedur, ICOアドバイザー、ICOBench 有識者、 スマートコントラクトの開発者、 フルスタック開発者、クリプト&ブロックチエーン規制タスクフォースのアドバイザーボードのメンバーです。
Bogdanは、ブロックチエーンと暗号通貨の分野での有力な有識者、投資家、実業家、ブロックチエーンについて会議でのスピーカーです。現在、多くの有望なスタートアップのアドバイザーの役割を果たし、bitJobの共同創設者、Blockchainexperts.ioの社長です。 マニトバ大学で計算機科学の学士を持っています。IT分野で20年以上の経験があり、発想から実行までのICO開発について知識を受けて、現在のブロックチエーン業界を深く理解しています。

Bogdan Fiedur

フルスタック開発者、ICOアドバイザー

自称「ソーシャルエンジニア・PRグロースハッカー」であるイスマイル・マリクは、世界で最も重要なイニシャル・コイン・オファリング(ICO)専門誌であるICOcrowdの編集長であり、スタートアップと起業家精神に関するテクノロジーを20年以上経験しており、ブロックチェーン分野における有力な専門家の一人です。実際、イスマイルはrise.globalによって、最も影響力のある人物100名の一人に選ばれています。 また、イスマイルはBlockchain Labの創立者兼CEOでもあり、ブロックチェーン、トークン化、暗号通貨に関する広範な専門知識を持っており、東アジアの数々のブロックチェーンイベントで定期的に講演を行っています。

Ismail Malik

国際事業開発アドバイザー

スマートコントラクト

  1.     function revokeAsset(bytes32 _symbol, uint _value) returns(bool);
  2.     function setProxy(address _address, bytes32 _symbol) returns(bool);
  3.     function lockAsset(bytes32 _symbol) returns(bool);
  4.     function proxyTransferFromToICAPWithReference(address _from, bytes32 _icap, uint _value, string _reference, address _sender) returns(bool);
  5.     function proxyApprove(address _spender, uint _value, bytes32 _symbol, address _sender) returns(bool);
  6.     function allowance(address _from, address _spender, bytes32 _symbol) constant returns(uint);
  7.     function proxyTransferFromWithReference(address _from, address _to, uint _value, bytes32 _symbol, string _reference, address _sender) returns(bool);
  8. }
  9.  
  10. contract AssetInterface {
  11.     function _performTransferWithReference(address _to, uint _value, string _reference, address _sender) returns(bool);
  12.     function _performTransferToICAPWithReference(bytes32 _icap, uint _value, string _reference, address _sender) returns(bool);
  13.     function _performApprove(address _spender, uint _value, address _sender) returns(bool);
  14.     function _performTransferFromWithReference(address _from, address _to, uint _value, string _reference, address _sender) returns(bool);
  15.     function _performTransferFromToICAPWithReference(address _from, bytes32 _icap, uint _value, string _reference, address _sender) returns(bool);
  16.     function _performGeneric(bytes, address) payable {
  17.         revert();
  18.     }
  19. }
  20.  
  21. contract ERC20Interface {
  22.     event Transfer(address indexed from, address indexed to, uint256 value);
  23.     event Approval(address indexed from, address indexed spender, uint256 value);
  24.  
  25.     function totalSupply() constant returns(uint256 supply);
  26.     function balanceOf(address _owner) constant returns(uint256 balance);
  27.     function transfer(address _to, uint256 _value) returns(bool success);
  28.     function transferFrom(address _from, address _to, uint256 _value) returns(bool success);
  29.     function approve(address _spender, uint256 _value) returns(bool success);
  30.     function allowance(address _owner, address _spender) constant returns(uint256 remaining);
  31.  
  32.     // function symbol() constant returns(string);
  33.     function decimals() constant returns(uint8);
  34.     // function name() constant returns(string);
  35. }
  36.  
  37. contract AssetProxyInterface {
  38.     function _forwardApprove(address _spender, uint _value, address _sender) returns(bool);
  39.     function _forwardTransferFromWithReference(address _from, address _to, uint _value, string _reference, address _sender) returns(bool);
  40.     function _forwardTransferFromToICAPWithReference(address _from, bytes32 _icap, uint _value, string _reference, address _sender) returns(bool);
  41.     function balanceOf(address _owner) constant returns(uint);
  42. }
  43.  
  44. contract Bytes32 {
  45.     function _bytes32(string _input) internal constant returns(bytes32 result) {
  46.         assembly {
  47.             result := mload(add(_input, 32))
  48.         }
  49.     }
  50. }
  51.  
  52. contract ReturnData {
  53.     function _returnReturnData(bool _success) internal {
  54.         assembly {
  55.             let returndatastart := msize()
  56.             mstore(0x40, add(returndatastart, returndatasize))
  57.             returndatacopy(returndatastart, 0, returndatasize)
  58.             switch _success case 0 { revert(returndatastart, returndatasize) } default { return(returndatastart, returndatasize) }
  59.         }
  60.     }
  61.  
  62.     function _assemblyCall(address _destination, uint _value, bytes _data) internal returns(bool success) {
  63.         assembly {
  64.             success := call(div(mul(gas, 63), 64), _destination, _value, add(_data, 32), mload(_data), 0, 0)
  65.         }
  66.     }
  67. }
  68.  
  69. /**
  70.  * @title EToken2 Asset Proxy.
  71.  *
  72.  * Proxy implements ERC20 interface and acts as a gateway to a single EToken2 asset.
  73.  * Proxy adds etoken2Symbol and caller(sender) when forwarding requests to EToken2.
  74.  * Every request that is made by caller first sent to the specific asset implementation
  75.  * contract, which then calls back to be forwarded onto EToken2.
  76.  *
  77.  * Calls flow: Caller ->
  78.  *             Proxy.func(...) ->
  79.  *             Asset._performFunc(..., Caller.address) ->
  80.  *             Proxy._forwardFunc(..., Caller.address) ->
  81.  *             Platform.proxyFunc(..., symbol, Caller.address)
  82.  *
  83.  * Generic call flow: Caller ->
  84.  *             Proxy.unknownFunc(...) ->
  85.  *             Asset._performGeneric(..., Caller.address) ->
  86.  *             Asset.unknownFunc(...)
  87.  *
  88.  * Asset implementation contract is mutable, but each user have an option to stick with
  89.  * old implementation, through explicit decision made in timely manner, if he doesn't agree
  90.  * with new rules.
  91.  * Each user have a possibility to upgrade to latest asset contract implementation, without the
  92.  * possibility to rollback.
  93.  *
  94.  * Note: all the non constant functions return false instead of throwing in case if state change
  95.  * didn't happen yet.
  96.  */
  97. contract AssetProxy is ERC20Interface, AssetProxyInterface, Bytes32, ReturnData {
  98.     // Assigned EToken2, immutable.
  99.     EToken2Interface public etoken2;
  100.  
  101.     // Assigned symbol, immutable.
  102.     bytes32 public etoken2Symbol;
  103.  
  104.     // Assigned name, immutable. For UI.
  105.     string public name;
  106.     string public symbol;
  107.  
  108.     /**
  109.      * Sets EToken2 address, assigns symbol and name.
  110.      *
  111.      * Can be set only once.
  112.      *
  113.      * @param _etoken2 EToken2 contract address.
  114.      * @param _symbol assigned symbol.
  115.      * @param _name assigned name.
  116.      *
  117.      * @return success.
  118.      */
  119.     function init(EToken2Interface _etoken2, string _symbol, string _name) returns(bool) {
  120.         if (address(etoken2) != 0x0) {
  121.             return false;
  122.         }
  123.         etoken2 = _etoken2;
  124.         etoken2Symbol = _bytes32(_symbol);
  125.         name = _name;
  126.         symbol = _symbol;
  127.         return true;
  128.     }
  129.  
  130.     /**
  131.      * Only EToken2 is allowed to call.
  132.      */
  133.     modifier onlyEToken2() {
  134.         if (msg.sender == address(etoken2)) {
  135.             _;
  136.         }
  137.     }
  138.  
  139.     /**
  140.      * Only current asset owner is allowed to call.
  141.      */
  142.     modifier onlyAssetOwner() {
  143.         if (etoken2.isOwner(msg.sender, etoken2Symbol)) {
  144.             _;
  145.         }
  146.     }
  147.  
  148.     /**
  149.      * Returns asset implementation contract for current caller.
  150.      *
  151.      * @return asset implementation contract.
  152.      */
  153.     function _getAsset() internal returns(AssetInterface) {
  154.         return AssetInterface(getVersionFor(msg.sender));
  155.     }
  156.  
  157.     function recoverTokens(uint _value) onlyAssetOwner() returns(bool) {
  158.         return this.transferWithReference(msg.sender, _value, 'Tokens recovery');
  159.     }
  160.  
  161.     /**
  162.      * Returns asset total supply.
  163.      *
  164.      * @return asset total supply.
  165.      */
  166.     function totalSupply() constant returns(uint) {
  167.         return etoken2.totalSupply(etoken2Symbol);
  168.     }
  169.  
  170.     /**
  171.      * Returns asset balance for a particular holder.
  172.      *
  173.      * @param _owner holder address.
  174.      *
  175.      * @return holder balance.
  176.      */
  177.     function balanceOf(address _owner) constant returns(uint) {
  178.         return etoken2.balanceOf(_owner, etoken2Symbol);
  179.     }
  180.  
  181.     /**
  182.      * Returns asset allowance from one holder to another.
  183.      *
  184.      * @param _from holder that allowed spending.
  185.      * @param _spender holder that is allowed to spend.
  186.      *
  187.      * @return holder to spender allowance.
  188.      */
  189.     function allowance(address _from, address _spender) constant returns(uint) {
  190.         return etoken2.allowance(_from, _spender, etoken2Symbol);
  191.     }
  192.  
  193.     /**
  194.      * Returns asset decimals.
  195.      *
  196.      * @return asset decimals.
  197.      */
  198.     function decimals() constant returns(uint8) {
  199.         return etoken2.baseUnit(etoken2Symbol);
  200.     }
  201.  
  202.     /**
  203.      * Transfers asset balance from the caller to specified receiver.
  204.      *
  205.      * @param _to holder address to give to.
  206.      * @param _value amount to transfer.
  207.      *
  208.      * @return success.
  209.      */
  210.     function transfer(address _to, uint _value) returns(bool) {
  211.         return transferWithReference(_to, _value, '');
  212.     }
  213.  
  214.     /**
  215.      * Transfers asset balance from the caller to specified receiver adding specified comment.
  216.      * Resolves asset implementation contract for the caller and forwards there arguments along with
  217.      * the caller address.
  218.      *
  219.      * @param _to holder address to give to.
  220.      * @param _value amount to transfer.
  221.      * @param _reference transfer comment to be included in a EToken2's Transfer event.
  222.      *
  223.      * @return success.
  224.      */
  225.     function transferWithReference(address _to, uint _value, string _reference) returns(bool) {
  226.         return _getAsset()._performTransferWithReference(_to, _value, _reference, msg.sender);
  227.     }
  228.  
  229.     /**
  230.      * Transfers asset balance from the caller to specified ICAP.
  231.      *
  232.      * @param _icap recipient ICAP to give to.
  233.      * @param _value amount to transfer.
  234.      *
  235.      * @return success.
  236.      */
  237.     function transferToICAP(bytes32 _icap, uint _value) returns(bool) {
  238.         return transferToICAPWithReference(_icap, _value, '');
  239.     }
  240.  
  241.     /**
  242.      * Transfers asset balance from the caller to specified ICAP adding specified comment.
  243.      * Resolves asset implementation contract for the caller and forwards there arguments along with
  244.      * the caller address.
  245.      *
  246.      * @param _icap recipient ICAP to give to.
  247.      * @param _value amount to transfer.
  248.      * @param _reference transfer comment to be included in a EToken2's Transfer event.
  249.      *
  250.      * @return success.
  251.      */
  252.     function transferToICAPWithReference(bytes32 _icap, uint _value, string _reference) returns(bool) {
  253.         return _getAsset()._performTransferToICAPWithReference(_icap, _value, _reference, msg.sender);
  254.     }
  255.  
  256.     /**
  257.      * Prforms allowance transfer of asset balance between holders.
  258.      *
  259.      * @param _from holder address to take from.
  260.      * @param _to holder address to give to.
  261.      * @param _value amount to transfer.
  262.      *
  263.      * @return success.
  264.      */
  265.     function transferFrom(address _from, address _to, uint _value) returns(bool) {
  266.         return transferFromWithReference(_from, _to, _value, '');
  267.     }
  268.  
  269.     /**
  270.      * Prforms allowance transfer of asset balance between holders adding specified comment.
  271.      * Resolves asset implementation contract for the caller and forwards there arguments along with
  272.      * the caller address.
  273.      *
  274.      * @param _from holder address to take from.
  275.      * @param _to holder address to give to.
  276.      * @param _value amount to transfer.
  277.      * @param _reference transfer comment to be included in a EToken2's Transfer event.
  278.      *
  279.      * @return success.
  280.      */
  281.     function transferFromWithReference(address _from, address _to, uint _value, string _reference) returns(bool) {
  282.         return _getAsset()._performTransferFromWithReference(_from, _to, _value, _reference, msg.sender);
  283.     }
  284.  
  285.     /**
  286.      * Performs transfer call on the EToken2 by the name of specified sender.
  287.      *
  288.      * Can only be called by asset implementation contract assigned to sender.
  289.      *
  290.      * @param _from holder address to take from.
  291.      * @param _to holder address to give to.
  292.      * @param _value amount to transfer.
  293.      * @param _reference transfer comment to be included in a EToken2's Transfer event.
  294.      * @param _sender initial caller.
  295.      *
  296.      * @return success.
  297.      */
  298.     function _forwardTransferFromWithReference(address _from, address _to, uint _value, string _reference, address _sender) onlyImplementationFor(_sender) returns(bool) {
  299.         return etoken2.proxyTransferFromWithReference(_from, _to, _value, etoken2Symbol, _reference, _sender);
  300.     }
  301.  
  302.     /**
  303.      * Prforms allowance transfer of asset balance between holders.
  304.      *
  305.      * @param _from holder address to take from.
  306.      * @param _icap recipient ICAP address to give to.
  307.      * @param _value amount to transfer.
  308.      *
  309.      * @return success.
  310.      */
  311.     function transferFromToICAP(address _from, bytes32 _icap, uint _value) returns(bool) {
  312.         return transferFromToICAPWithReference(_from, _icap, _value, '');
  313.     }
  314.  
  315.     /**
  316.      * Prforms allowance transfer of asset balance between holders adding specified comment.
  317.      * Resolves asset implementation contract for the caller and forwards there arguments along with
  318.      * the caller address.
  319.      *
  320.      * @param _from holder address to take from.
  321.      * @param _icap recipient ICAP address to give to.
  322.      * @param _value amount to transfer.
  323.      * @param _reference transfer comment to be included in a EToken2's Transfer event.
  324.      *
  325.      * @return success.
  326.      */
  327.     function transferFromToICAPWithReference(address _from, bytes32 _icap, uint _value, string _reference) returns(bool) {
  328.         return _getAsset()._performTransferFromToICAPWithReference(_from, _icap, _value, _reference, msg.sender);
  329.     }
  330.  
  331.     /**
  332.      * Performs allowance transfer to ICAP call on the EToken2 by the name of specified sender.
  333.      *
  334.      * Can only be called by asset implementation contract assigned to sender.
  335.      *
  336.      * @param _from holder address to take from.
  337.      * @param _icap recipient ICAP address to give to.
  338.      * @param _value amount to transfer.
  339.      * @param _reference transfer comment to be included in a EToken2's Transfer event.
  340.      * @param _sender initial caller.
  341.      *
  342.      * @return success.
  343.      */
  344.     function _forwardTransferFromToICAPWithReference(address _from, bytes32 _icap, uint _value, string _reference, address _sender) onlyImplementationFor(_sender) returns(bool) {
  345.         return etoken2.proxyTransferFromToICAPWithReference(_from, _icap, _value, _reference, _sender);
  346.     }
  347.  
  348.     /**
  349.      * Sets asset spending allowance for a specified spender.
  350.      * Resolves asset implementation contract for the caller and forwards there arguments along with
  351.      * the caller address.
  352.      *
  353.      * @param _spender holder address to set allowance to.
  354.      * @param _value amount to allow.
  355.      *
  356.      * @return success.
  357.      */
  358.     function approve(address _spender, uint _value) returns(bool) {
  359.         return _getAsset()._performApprove(_spender, _value, msg.sender);
  360.     }
  361.  
  362.     /**
  363.      * Performs allowance setting call on the EToken2 by the name of specified sender.
  364.      *
  365.      * Can only be called by asset implementation contract assigned to sender.
  366.      *
  367.      * @param _spender holder address to set allowance to.
  368.      * @param _value amount to allow.
  369.      * @param _sender initial caller.
  370.      *
  371.      * @return success.
  372.      */
  373.     function _forwardApprove(address _spender, uint _value, address _sender) onlyImplementationFor(_sender) returns(bool) {
  374.         return etoken2.proxyApprove(_spender, _value, etoken2Symbol, _sender);
  375.     }
  376.  
  377.     /**
  378.      * Emits ERC20 Transfer event on this contract.
  379.      *
  380.      * Can only be, and, called by assigned EToken2 when asset transfer happens.
  381.      */
  382.     function emitTransfer(address _from, address _to, uint _value) onlyEToken2() {
  383.         Transfer(_from, _to, _value);
  384.     }
  385.  
  386.     /**
  387.      * Emits ERC20 Approval event on this contract.
  388.      *
  389.      * Can only be, and, called by assigned EToken2 when asset allowance set happens.
  390.      */
  391.     function emitApprove(address _from, address _spender, uint _value) onlyEToken2() {
  392.         Approval(_from, _spender, _value);
  393.     }
  394.  
  395.     /**
  396.      * Resolves asset implementation contract for the caller and forwards there transaction data,
  397.      * along with the value. This allows for proxy interface growth.
  398.      */
  399.     function () payable {
  400.         _getAsset()._performGeneric.value(msg.value)(msg.data, msg.sender);
  401.         _returnReturnData(true);
  402.     }
  403.  
  404.     // Interface functions to allow specifying ICAP addresses as strings.
  405.     function transferToICAP(string _icap, uint _value) returns(bool) {
  406.         return transferToICAPWithReference(_icap, _value, '');
  407.     }
  408.  
  409.     function transferToICAPWithReference(string _icap, uint _value, string _reference) returns(bool) {
  410.         return transferToICAPWithReference(_bytes32(_icap), _value, _reference);
  411.     }
  412.  
  413.     function transferFromToICAP(address _from, string _icap, uint _value) returns(bool) {
  414.         return transferFromToICAPWithReference(_from, _icap, _value, '');
  415.     }
  416.  
  417.     function transferFromToICAPWithReference(address _from, string _icap, uint _value, string _reference) returns(bool) {
  418.         return transferFromToICAPWithReference(_from, _bytes32(_icap), _value, _reference);
  419.     }
  420.  
  421.     /**
  422.      * Indicates an upgrade freeze-time start, and the next asset implementation contract.
  423.      */
  424.     event UpgradeProposed(address newVersion);
  425.     event UpgradePurged(address newVersion);
  426.     event UpgradeCommited(address newVersion);
  427.     event OptedOut(address sender, address version);
  428.     event OptedIn(address sender, address version);
  429.  
  430.     // Current asset implementation contract address.
  431.     address latestVersion;
  432.  
  433.     // Proposed next asset implementation contract address.
  434.     address pendingVersion;
  435.  
  436.     // Upgrade freeze-time start.
  437.     uint pendingVersionTimestamp;
  438.  
  439.     // Timespan for users to review the new implementation and make decision.
  440.     uint constant UPGRADE_FREEZE_TIME = 3 days;
  441.  
  442.     // Asset implementation contract address that user decided to stick with.
  443.     // 0x0 means that user uses latest version.
  444.     mapping(address => address) userOptOutVersion;
  445.  
  446.     /**
  447.      * Only asset implementation contract assigned to sender is allowed to call.
  448.      */
  449.     modifier onlyImplementationFor(address _sender) {
  450.         if (getVersionFor(_sender) == msg.sender) {
  451.             _;
  452.         }
  453.     }
  454.  
  455.     /**
  456.      * Returns asset implementation contract address assigned to sender.
  457.      *
  458.      * @param _sender sender address.
  459.      *
  460.      * @return asset implementation contract address.
  461.      */
  462.     function getVersionFor(address _sender) constant returns(address) {
  463.         return userOptOutVersion[_sender] == 0 ? latestVersion : userOptOutVersion[_sender];
  464.     }
  465.  
  466.     /**
  467.      * Returns current asset implementation contract address.
  468.      *
  469.      * @return asset implementation contract address.
  470.      */
  471.     function getLatestVersion() constant returns(address) {
  472.         return latestVersion;
  473.     }
  474.  
  475.     /**
  476.      * Returns proposed next asset implementation contract address.
  477.      *
  478.      * @return asset implementation contract address.
  479.      */
  480.     function getPendingVersion() constant returns(address) {
  481.         return pendingVersion;
  482.     }
  483.  
  484.     /**
  485.      * Returns upgrade freeze-time start.
  486.      *
  487.      * @return freeze-time start.
  488.      */
  489.     function getPendingVersionTimestamp() constant returns(uint) {
  490.         return pendingVersionTimestamp;
  491.     }
  492.  
  493.     /**
  494.      * Propose next asset implementation contract address.
  495.      *
  496.      * Can only be called by current asset owner.
  497.      *
  498.      * Note: freeze-time should not be applied for the initial setup.
  499.      *
  500.      * @param _newVersion asset implementation contract address.
  501.      *
  502.      * @return success.
  503.      */
  504.     function proposeUpgrade(address _newVersion) onlyAssetOwner() returns(bool) {
  505.         // Should not already be in the upgrading process.
  506.         if (pendingVersion != 0x0) {
  507.             return false;
  508.         }
  509.         // New version address should be other than 0x0.
  510.         if (_newVersion == 0x0) {
  511.             return false;
  512.         }
  513.         // Don't apply freeze-time for the initial setup.
  514.         if (latestVersion == 0x0) {
  515.             latestVersion = _newVersion;
  516.             return true;
  517.         }
  518.         pendingVersion = _newVersion;
  519.         pendingVersionTimestamp = now;
  520.         UpgradeProposed(_newVersion);
  521.         return true;
  522.     }
  523.  
  524.     /**
  525.      * Cancel the pending upgrade process.
  526.      *
  527.      * Can only be called by current asset owner.
  528.      *
  529.      * @return success.
  530.      */
  531.     function purgeUpgrade() onlyAssetOwner() returns(bool) {
  532.         if (pendingVersion == 0x0) {
  533.             return false;
  534.         }
  535.         UpgradePurged(pendingVersion);
  536.         delete pendingVersion;
  537.         delete pendingVersionTimestamp;
  538.         return true;
  539.     }
  540.  
  541.     /**
  542.      * Finalize an upgrade process setting new asset implementation contract address.
  543.      *
  544.      * Can only be called after an upgrade freeze-time.
  545.      *
  546.      * @return success.
  547.      */
  548.     function commitUpgrade() returns(bool) {
  549.         if (pendingVersion == 0x0) {
  550.             return false;
  551.         }
  552.         if (pendingVersionTimestamp + UPGRADE_FREEZE_TIME > now) {
  553.             return false;
  554.         }
  555.         latestVersion = pendingVersion;
  556.         delete pendingVersion;
  557.         delete pendingVersionTimestamp;
  558.         UpgradeCommited(latestVersion);
  559.         return true;
  560.     }
  561.  
  562.     /**
  563.      * Disagree with proposed upgrade, and stick with current asset implementation
  564.      * until further explicit agreement to upgrade.
  565.      *
  566.      * @return success.
  567.      */
  568.     function optOut() returns(bool) {
  569.         if (userOptOutVersion[msg.sender] != 0x0) {
  570.             return false;
  571.         }
  572.         userOptOutVersion[msg.sender] = latestVersion;
  573.         OptedOut(msg.sender, latestVersion);
  574.         return true;
  575.     }
  576.  
  577.     /**
  578.      * Implicitly agree to upgrade to current and future asset implementation upgrades,
  579.      * until further explicit disagreement.
  580.      *
  581.      * @return success.
  582.      */
  583.     function optIn() returns(bool) {
  584.         delete userOptOutVersion[msg.sender];
  585.         OptedIn(msg.sender, latestVersion);
  586.         return true;
  587.     }
  588.  
  589.     // Backwards compatibility.
  590.     function multiAsset() constant returns(EToken2Interface) {
  591.         return etoken2;
  592.     }
  593. }

パートナー

トークンジェネレーションイベント

プレセール
ボーナスは25%

1 ZCN = US$0.08

May 21 - August 31, 2018

トークンセール
0%

1 ZCN = US$0.1

2018年9月16日

ソフトキャップ

300万ドル

+

ハードキャップ

$ 25 mln

-

トークン配分

  • 64% トークンセール
  • 21% マネジメントチーム
  • 10% アドバイザーボード
  • 2% リフェラルプログラム
  • 2% バウンティプログラム
  • 1% エアドロップ
エアドロップ
1%
バウンティプログラム
2%
リフェラルプログラム
2%
アドバイザーボード
10%
マネジメントチーム
21%
トークンセール
64%
abacus

Zitoken(ZCN)は我々の生態系で燃料として使われます。ZCNトークンでZichainサービスを購入する場合、 30%割引を受け取ることができます。他の仮想通貨の利用する場合、週ごとに、支払いの50%は予約されており、 Zitokenを買戻すために使用されます。

  • CryptoEYE.com: 高度な分析と予測へのアクセス、ニュースソースの管理
  • プラットフォーム上で提供されたサービスの手数料の支払い
  • TheIndex.Fund:インデックスに投資するための手数料支払い
  • Zichange.io:有利な為替相場

予算

  • 32.2% 商品開発
  • 15.5% 社員
  • 14.3% PR & マーケティング
  • 14.2% ITサポート
  • 11.4% 法的整理
  • 5.6% サイバーセキュリティ
  • 3.1% 運営費用
  • 2.0% ITインフラ
  • 1.6% その他費用
ITインフラ
2.0%
1.6%
その他費用
運営費用
3.2%
サイバーセキュリティ
5.6%
法的整理
11.4%
ITサポート
14.2%
PR & マーケティング
14.3%
32.2%
商品開発
15.5%
社員
calculator
書類
ホワイトペーパー
ライトペーパー
ツーページャ
トークンペーパー

よくあるご質問

1
Zichainとは?

Zichainは、伝統的な金融界のベストプラクティスと革新的なテクノロジーを組み合わせて、個人投資家および機関投資家向けの暗号資産運用業界の構築にリーダーとして活躍します。我々は、いくつかの主要商品からなるエコシステムを開発しています。つまり、投資ファンドの開始と管理のプラットフォーム、ニュースと市場データプロバイダー、当社が提供する仮想通貨指数のファミリーに基づくインデックスファンド、仮想通貨・現金両替サービス、金融サービスのマーケットプレイスです。

2
Zichainをなぜ開発しようとしましたか?

仮想通貨業界に向けて、多くの人々の関心と注目が高まっていることが明らかになってきました。この傾向は個人顧客だけでなく、大手機関投資家も同様です。しかし、投資家とマネージャーは、便利かつ安全かつ信頼性が高い資産管理のための単一のソリューションがありません。そのため、仮想通貨業界は大きな可能性を秘めており、大きな市場シェアを獲得できると考えております。",

3
プロジェクトの競争のメリットはなんでしょうか?

現在、完全な商品、または少なくともプロトタイプをリリースしたまともなプロジェクトがたくさんあっても、そのプロジェクトの得意は、投資プロセスのごく一部だけです。商品やプロセスの最適化に関しては、暗号資産運用業界のこれらの発展の土台を築くために、自分の長年経験と伝統的な金融界のベストプラクティスに頼っています。

4
リリースされた商品がありますか?

CryptoEYEのベータ版はもうリリースされました。ベータ版には、仮想通貨インデックスとコインの詳しい説明を提供するクリプトウィキが含まれます。ニュースアグリゲーション、独自の仮想通貨に関するコンテンツの掲載、マーケットプレイスを通じた投資商品の提供などの追加機能は、2018-2019年にリリースされる予定です。ZiChangeとTheIndex.Fundの最初のバージョンは2018年第2四半期に開始されます。 、分散型資産保管サービスのあるBAMPが、遅くとも2019年の第2四半期にリリースされる予定です。

5
プロジェクトの生態系のターゲット層は誰でしょうか?

ZiChangeは仮想通貨業界に関係がある人に、現金で仮想通貨の売買サービスを提供します。TheIndex.Fundはパッシブ仮想通貨投資家にとって最良な選択です。BAMPは、資産運用インフラストラクチャとオールインワンのトレーディングプラットフォームへのアクセスを提供する、優秀なファンドマネージャ向けの便利なソリューションです。CryptoEYEは、市場データ、ポートフォリオに関連があるニュース、及びコインとトークンについて情報を提供する、仮想通貨に関心を持つ人向けのサービスです。

6
トークンセールの時に調達する資金がどのよう使いますか?

Tトークンセールの時に調達した資金を、ロードマップに設定された目標を達成するために配分します。 作業は次の分野に焦点を当てます:

  • ITインフラストラクチャ。スケーラブルなシステムアーキテクチャを構築する。
  • IT開発 - TheIndex.Fundによるトレーディングの自動化、BAMPおよびCryptoEYE機能の拡張、資産への分散型アクセスの開発
  • マーケティングとPR 。 有機的な成長へのシフトの競争率の低い市場の大きなシェアを獲得するために当社商品の普及促進
  • 流動性供給。仮想通貨運転資本を整え、ZiChange のための市場を形成するアルゴリズムを開始します。
  • 優秀な従業員の雇用、トップカウンターパーティとのパートナーシップ構築、及び商品の10言語に ローカリゼーションチームの作成
  • 法的支援 。どの国からでも投資家のアクセス、証券トークンの登録、および主要かつ最重要な管轄区域に投資活動のライセンスのためのファンド証券化。 security tokens registration, and licensing of investment activities in major and most important jurisdictions
  • サイバーセキュリティ。ユーザーの資金と個人データを最も信頼できる方法で確保するためのアーキテクチャの開発
1
ブロックチェーン上で資産運用プラットフォーム(BAMP)とは??

BAMPは、自動化された管理機能(投資政策書の監督、会計、リスクマネジメント、他)を備えたカスタマイズ可能なファンドを作成させるプラットフォームです。プラットフォームは、資産運用業界における一般的に受け入れられた安全性と透明性の基準を維持するために必要なインフラストラクチャを提供します。重要な特徴は、単一のターミナルを通じて、ほとんどすべての取引所で取引させる便利なトレーディングインフラストラクチャを使用して、資金資産を管理できることです。

2
TheIndex.Fundとは?

TheIndex.Fundは、パシッブ投資家に対して馴染みかつ便利な環境を作り出すインデックスファンドの一連です。 伝統的な金融界のベストプラクティスを使用して、インデックスファンドのベンチマークとなる仮想通貨指数のファミリを作成しました。 投資家は、市場の最も適切なセグメントに投資することができます。

3
CryptoEYEとは?

CryptoEYEは、投資家とマネージャーに複雑で構造化されていない仮想通貨業界で活動させるウェブサイトです。ユーザーは、好みに応じて市場情報とニュースの流れをカスタマイズすることができます。ポータルは、投資家のための単一のエントリポイントとなり、資産運用マネージャーのための広告プラットフォームとなります。

4
Zichange.ioとは?

ZiChangeは、現金で仮想通貨を購入するための簡単、安全、便利な両替プラットフォームです。私たちは最新的な技術を使用して、最低手数料、最安全な方法でデジタル通貨をお客様に提供しています。

1
Zitoken (ZCN)トークンのタイプは?

Zitoken (ZCN)トークンはイーサリアムブロックチエーン上で発行されたERC20支払いトークンです。トークンはサービスの生態系を支持し、内仮想通貨として機能します。

2
なぜZitokenを使用すべきですか?

投資家とマネージャーの両方がZitokenトークンで当社のサービスを購入する場合、 30%割引を受け取ることができます。そのサービスは、ファンドマネージャーのためのCryptoEYEマーケティングツール、BAMP のファンドインフラストラクチャーとトレーディングプラットフォーム、TheIndex.Fundへの投資、ZiChange.ioで取引手数料のカバーを含みます。その後、パートナーのサービスの料金を支払う機能も提供する予定です。

3
発行する Zitokensトークンの数は何でしょうか?

トークン・ジェネレーション・イベント(TGE)では、プレ・セールおよびトークンセールの段階で、最大4億5,000万ドル(合計発行額の64%)を投資家に販売することができるトークンを703,125,000件以上発行する予定です。販売されたトークンに加えて、合計発行額の21%はプロジェクトチーム(147,656,250最大トークン)に所属し、トークンの10%は諮問委員会(70,312,500トークン最大)に、2%は トークンは、バウンティプログラム(14,062,500トークン最大)に参加のレワードとなり、紹介プログラムに参加するレワードは2%(14,062,500トークン最大)、トークンの1%はエアドロップを通じて分配されます(7,031,250トークン最大 )。

1
トークンセールにどうやって参加するのか?

トークンセールに参加するには、このウェブサイトのアカウントにサインアップしてログインし、KYCの手続きを完全し、Zichainトークンを購入することが必要です。使用可能な仮想通貨はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、及びライトコイン (LTC)です。

2
KYCの要件はありますか?

Zichainトークンを受け取るためにKYC手続きを完全する必要があります。KYC手続きとして身分証明書(パスポート、運転免許証、または国民の身分証明書など)と住居を確認する書類を提出する必要があります。KYCシステムは、TGEの始まりでアクセス可能になります。その時までに、メールで手続きに関してご案内いたします。トークンの購入の前または後に、トークンセールの終了の少なくとも7日前にKYC手続きを完全してください。トークンは、KYCの検証と購入が成功して、直後に発行され、転送されます。

3
セールはいつ開始されますか? セールはいつまで開いていますか?

トークン生成イベント(TGE)は、非公開セール、プレセール、トークンセールの3段階で実施されます。プレセールは2018年5月21日に開始し、2018年8月31日に終了します。プレセールに参加するには、ホワイトリストに登録してKYC手続きを通過しなければなりません。トークンセールは2018年9月16日に開始し、2018年10月31日に終了します(KYCが必須)。TGEの早期ステージに参加すると、最終販売価格($0.10)から最大65%オフの割引価格でトークンを購入できるチャンスが手に入ります。非公開セールでは、最初に最大80,000,000のトークンが単価$0.035で、次に単価$0.06で販売されます。最低購入金額は$10,000となります。プレセールでは、単価$0.08でトークンが販売されます。トークンセールでは、残りすべてのトークンが単価$0.10で販売されます。

4
最低購入金額はいくらですか?

プライベート・セール中、トークンの最小購入額は、購入時の平均為替レートに応じて決定される少なくとも10万ドル、またはその暗号通貨としての相当額でなければなりません。パブリック・プレセールにおいては、トークンの最小購入額は最低1,000ドルまたはその暗号通貨の金額に相当するはずです。トークンセール中、トークンの最小購入額は合計50ドルにする必要があります。

5
利用可能な支払い方法は何ですか?

Zichain トークンを購入する時、以下の仮想通貨しか使用しないでください:ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)。トークンを、アカウントから直接購入できます。仮想通貨取引所ウォレットから送金を受け取らないということに注意してください。個人BTCまたはETHウォレットを支払いに使用しない場合、トランザクションは拒否され、返金されます。

6
支払い処理にかかる時間はどのぐらいでしょうか?

A支払いは我々の仮想通貨ウォレットに入力し、確認を数回行うとすぐに、プラットフォームは客様のイーサリアムウォレットへのトークンの転送を自動的に開始させます。転送プロセスは、イーサリアムネットワークの過負荷の場合、最大数時間かかることがあります。